ネットワークビジネスは個人事業主とよくいいますが、
 

フリーランス(freelance)とは、
特定の企業や団体、組織に専従しておらず、
自らの才覚や技能を提供することにより
社会的に独立した個人事業主
もしくは個人企業法人のこと。
企業から請け負った業務を実際に遂行する
本人をフリーランサーと呼ぶ。

日本語では自由契約(ただし、プロスポーツ
での選手契約を更新しないことを指す「
自由契約」が有名なため、フリーランスを指して
自由契約と呼ぶことはほとんどない)。

一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当する。


以上、ウィキぺディアより参照


サラリーマンの場合、
与えられた仕事をこなしていけばいいのですが、
フリーランスの場合、
誰も仕事を与えてくれないので、
自分で見つけていかないと、仕事はありません。

自ら、積極的に顧客を開拓し、
売り上げを伸ばさないといけません。


ネットワークビジネスの場合、
自分で商品の愛用者を探し、
一緒にビジネス活動してくれる人を
見つけないといけません。

自分で仕事を見つけることができない人は、
サラリーマンの方が収入も安定(けして高くは
なくても)しているので向いているでしょう。


さらに、フリーランスの場合、
全ての責任は自分にあると考え、
行動しないといけません。

サラリーマンのように、
上司のせい、部下のせいと責任転嫁や言い訳
することできません。

ネットワークビジネスの場合も、
全ての責任は自分が持ちます。
うまくいった時は、協力者のお陰と感謝し、
失敗した時は、
自分が全ていたらなかったと反省します。


よく、ネットワークビジネスで騙された
という話をききますが、
世の中に簡単に儲かる仕事なとありません。
入会しただけで儲かるという怪しい儲け話に
飛び付いた自分が悪いのです。

ネットワークビジネスを始めようと思ったら、
誰かに依存しようといのでは、成功できません。

紹介者や、アップラインにいつまでも、なんでも
頼りっぱなしでは、
独立企業家としての責任感がでません。


自分から始まるグループのリーダーになるために
紹介者やアップラインを活用して、
自分でなんでもできるようになることが大切です。