ネットワークビジネスに真剣に取り組むことは、
人生を学ぶためにも役にたちます。

全開に引き続き、有能なネットワーカーとして一人前に
育つために大切なことを、私が好きな言葉に託してお届けします。

 

「実るほど頭をたれる稲穂かな」

【意 味】
「詠み人知らず」、作者は特定されていません。

稲穂は実れば実るほど、重みで穂先を垂れ、
頭を下げていきます。
「学識や徳行が深くなった人ほど、謙虚になっていく」
という意で、力がついて、成功している時こそ、
謙虚に生きていきなさい、という戒めを表現した口語です。

※「徳行」とは、道義にかなっていて徳(立派な行為や品性)
の高い行いをすることです。


【解 説】
ある程度生きるための力がついてくると、周囲への感謝を
忘れてしまう人が多くなります。
「自分は経験もあり、お金も手に入れて一人前だ。
何でもできるんだ」と勘違いしてしまいます。

しかし、どれだけ優れていて、成功している人でも、
多かれ少なかれ、両親だけでなく、誰かの小さな助けや親切、
愛情の上に現在の自分が存在しているはすです。

そんなお世話になった方々の愛を感じ取る事のできる人は、
年を重ねるごとに生きる姿勢も謙虚になっていくのではないでしょうか。


世の中の多くの成功者と言われる人たちは、
常に謙虚さを忘れていない人たちです。

以下、その人たちの言葉をご紹介します。


『学問なり技術があるということは立派なことには
ちがいないが、
それを人間のために有効に使って初めて、
すぐれた人間だということができるのだと思う。
何よりも大切なのは人を愛する心ではないだろうか』

                  本田宋一郎



『未熟ということは大切なんだよ。僕だって未熟。
天狗になったらおしまいだよ』 
                  池波正太郎



『人々が懸命になればなるほど、
  ますます、彼らは腰を低くし、
  他人から学ぼうとする』 
                  ベーコン



 『我以外皆我師』 
                 吉川英治



全ての人を『人生の師』と考えれば、
自ずと謙虚に接することができるのかもしれません。

私も慣れてきたと安心して、天狗にならないように
気をつけます。