私も入会後に気がついたのですが、
ネットワークビジネスは人生を学ぶためにも役にたちます。

自己啓発的な部分も多いのですが、これはどの職業においても
共通することだと思います。
有能なネットワーカーとして一人前に育つために大切なことを、
私が好きな言葉に託してお届けします。

 

「習うは一生」

【意 味】
新しいことを知り、身につけていくために、
人は、一生を通して、 常に学び続けなければならい。

【解 説】
人が、一生の間に、知識として身につけられる量には
、限りがあり、全てのことを、 知りつくすことは、
不可能に使いと考えられます。
昔から伝わる書物、これから先、 常に変化し、新しく
なっていくことなど、あらゆる面での知識の習得は、
一生 かかっても、学びつくせるものではありません。
人は、死ぬまで、勉強していく覚悟を 持たなければ
ならない、ということを言っているのだと思います。
 

実際、私もネットワークビジネスやサイト作成、SEO対策など
について、知らない事が一杯あります。

本を読んだり、インターネットで検索したりと、いろいろなことを、
調べて習っています。


私たちの活動はインターネットを利用しています。
そのSEO対策については日進月歩であり、完成された技術や
方法などありません。

また、サイト構築についても同様です。
既存の知識や技術を習得するとともに、現在の方法を少しでも
前に進めるための発想と努力 を怠ってはいけません。


ネットワークビジネスは人と人のコミュニケーションで成り立っています。
ご新規メンバーの入会後のフォローも
「こうすればもっと良く分かるだろうに」
「こうなったらもっと便利だな」
という意識を常にもって、日々のフォローや作業に取り組んで
いただきたいと思います。

学び続けること、習い続けることは、けして恥ずかしいことではない
と思います。

逆に、「知ったふり」で、自分でよく理解できていないことなどを
曖昧にお伝えすることの方が恥ずかしいですね。

いや、自信持って間違ったと気がつかずにお伝えして、後から
恥ずかしい思いすることもあります。

そうならないためにも、常に謙虚な気持ちで習い続けたいですね。