あなたが新しい会社と取引をする場合
事前に相手の会社が信用できるかどうか調査しますね。

万が一詐欺にあったりしたら、損害は大きいし
場合によっては、社会的責任を問われたり、
社会的信用を失う惧れもあります。
そんなリスクをおわないように、事前に相手のことを
よく調べる必要があります。

 

個人でネットワークビジネスに参加する場合も同様です。
そのネットワークビジネスを運営している会社と
個人的に取引することになるわけですから
その会社の実績を十分に調査する必要があります。

最近はインターネットで簡単に情報が検索できるようになったので
会社名と「評判」「訴訟」「詐欺」「トラブル」などのキーワードで検索すれば
色々な情報を収集することができると思います。

しかし、ここでチェックすべきことは、
検索へのヒット数や被害の大きさだけではありません
 

なぜなら、大きなネットワークビジネス企業であれば
そのビジネスに関わっている人の数も多くなりますから
トラブルや訴訟の絶対的な数も正比例して多くなるでしょう。

ネットワークビジネスと関係がない一流企業でも、
ビジネスを行っていれば、日々クレームやトラブル、訴訟を
処理していることはご承知のとおりです。

 

一番重要なことは、問題が起こった場合


その原因が会社側にあるのかどうか?」

「トラブルに対して会社として必要な義務を果たしているか?」

ということです。

 

例えば、あるディストリビューターが、個人的に悪質なリクルートを
行ったために発生したトラブルについては
「会社に全責任がある」とは、ちょっと無理があるのではないでしょうか?

もちろん会社にはそういうトラブルを未然に防ぐ努力や義務が必要です。

しかし、ネットワークビジネスの場合、
一般的なセールスの会社のように、
会社が直接、社員教育や業務監視を行うことはできません。
そのため、責任範囲には限界があると考えざるを得ないのです。

 

その逆に 

製品に問題があったり、契約内容に従った対応・補償を

きちんと行っていないなどの理由で、何度も訴訟を起されている

場合は、要注意です。

 

たとえば、悪徳マルチを運営するような人物は、
詐欺的な内容が人々に認知されるとすぐに運営している会社を倒産させ、
また別の名称で新しい会社を立ち上げることが多いのです。

それを調査するには、会社の設立者や運営者の名前を調べて、
過去に破綻したり、事件を起した悪徳マルチ商法の設立者や関係者の
名前と一致するようなら、まず問題のある会社と考えて良いでしょう。

また、グランドオープン前とか縁故募集などという宣伝に踊らされずに
会社の実績を調べた後に登録しても 決して遅くはないと思います。
実績のない会社ほど、リスクの大きいものはないでしょう。