知り合いにネットワークビジネスの話をすると 

「それってねずみ講じゃないの?」と言われることが大半です。


でも本当のことを言うと、ねずみ講が一体どんなものなのか、
私自身もこのビジネスを始めるまで、よく知らなかったのです。

あなたがネットワークビジネスで在宅副収入を得るためには
同じように尋ねられた時にこの違いを明確に説明できないと
困りますね。


違いを説明するためには、この2つのことを知らないといけ
ませんね。


そこで、まずは「ねずみ講」についてご説明します。


 

ねずみ講とは、
まず新規加入者が金品(現金や有価証券。
商品券やテレカ等プペイド カードも有価証券です。)
を先に加入している者に支払う。

次に、その加入者は新しい加入者を勧誘し、
今度は自分が金品を受け取る。
そして次々と新しい加入者から金品を得て、
グループ内で分配する仕組みで、
金額の多少 にかかわらず
 法律上は無限連鎖講とよばれる違法行為です。

 

 

無限連鎖講とは
金品を払 う参加者が無限に増加するという
前提において、二人以上の倍率で増加する
下位会員から徴収した金品を、
上位会員に分配する事で、
その上位会員が自らが払った金品を上回る配当
を受けることを目的とした団体の事である。

人口が有限である以上、無制限に成長する事など
絶対的に有り得ないため、
日本で は無限連鎖講の防止に関する法律で禁止
されている。

親会員から子・孫会員へと会員が無制限に、
ねずみ算的に増殖していくシステムから
一般的にはネズミ講と呼ばれる。

 ( 『ウィキペディア(Wikipedia)』より)




分かりやすいように具体的な例をあげますと

Aさんが創始者(親)となって
2人の会員BさんとCさんを勧誘します。

BさんとCさん(子)には、入会金を2万円ずつとり
さらにそれぞれ2人の会員を勧誘するように指示します。

BさんはD さんとEさんを、CさんはFさんとGさんを
勧誘しそれぞれから2万円ずつ入会金をとります。


このようにして集めた入会金を上位の会員で山分けし、
さらに新しい会員をどんどん勧誘する・・・
を繰り返していきます。

ねずみが子をどんどん増やしていくのと似ていることから、
「ねずみ算」という呼び名があり、
そこから「ねずみ講」と呼ばれるようになりました。


利益の分配方法には色々なパターンがありますが、
共通点として、儲かるのは創始者や一部の上位の会員だけで
下位の会員や最後に参加した会員は参加費を支払うだけで
利益の配分も無い


も しくは、配当金を支払わずに上位の会員が雲隠れする。

結果として、一部の会員だけが大きな利益を得て、
たの会員たちは被害者となります。

しかも「誰でも儲かる」というようなウソで会員を勧誘
しますから、これは明らかな詐欺行為です。


近年では、一方的に金品を集めるだけでは、
すぐにねずみ講だと分かり禁じられるので、

粗悪な商品を高額で販売し、商行為に見せかけたり

参加費の吸い上げに制限を設けることで「
無限連鎖講ではない」と主張する


など、その手口は次第に巧妙になってきて います。


また、インターネットの普及に伴い、
友人・知人を勧誘するというねずみ講従来の勧誘から、
不特定多数のメールアドレスに勧誘のための文面を送る、
スパムメールやリードメール・メルマガなどの宣伝で
巧みにHPへ誘導し勧誘するなどの方法が用いられる
ことも多いよ うです。



結論) ねずみ講 = 商品の販売を目的としていない。 
       
また、商品と称するモノがあっても、紙切れ一枚であったり、
日常生活に役に立つとは常識的には考えられないものを
流通させている場合もこの例に入ります。