ネットワークビジネス関連のサイトには、よく「MLM]の表記
があります。

私も最初は、MLM=マルチ商法の略だと漠然に考えていました。


マルチ商法(悪徳マルチ)と区別するために、
このサイトではMLMと呼んでいます。

Multi-Levels Marketing」 の略です。


では、本来の「Multi-Levels Marketing」とは?

分かりやすく言い換えれば

****************************

Multi-Levels Marketingとは、

「店舗をもたずに、商品を口コミで広める流通システム」

****************************



例えば、小売店で売っている商品を自分が使用して
「すごくいい!」
と実感したことを友人に話して、その友人も同じ商品を
買ったとしても、あなたには1円の特にもなりませんね。

小売店で売られている商品には、生産者(メーカー)から
企業(販売代理店)卸業、小売店と流通する過程で、
中間流通コスト、さまざまな経費(CM代など)がかかって
いるため、消費者の手に渡る時には原価をかなり上回って
います。


そんなこと当たり前でしょ?

そ う、これが一般的な縦型流通システムなのです


ところが、この縦型流通システムの中間流通部分を省いて、
生産者(メーカー)が直接商品を消費者に販売したら
どうなると思いますか?

もちろん、中間コストがかからない分、
販売価格が大幅に安くなりますね。

しかし、 メーカーが直接消費者に商品を販売するには、
ある程度宣伝しないことには、商品は売れません。

その宣伝費用も省いて、消費者自らか販売員となり、
口コミという手段を使って直接商品を宣伝して販売する
究極の流通システムが、
マルチ・レベル・マーケッティング
「MLM(Multi-Level Marketing) 」
「多面的な階層で物品を流通させる仕組み」なのです。



消費者はそのメーカーの販売員となることで、
商品の売り上げに応じた
利益の還元を受けとることができます。

だから、あなたが
「この商品、私も使ってるけどいいわよ」
と 友人にすすめて、その友人が商品を購入したら、
紹介料としてメーカーから直接あなたに報酬が
支払われるということなのです。

なんだかワクワクすることだと思いませんか?

自分が気に入っている商品を、友人にも使ってもらい、
友人もその商品が気に入ってくれて喜ぶでしょう。
そして、自分には会社から御礼がもらえる。
ちょっとしたお小遣い稼ぎ、副収入が得られるのですよ。


この流通システムは、ねずみ講や一部の悪徳マルチのように、
ピラミッド組織の早く参加者から購入した物品、権利、
サービス等を新規参加者へ販売するという方法とは、
全く違います。

しかし、この流通システムを利用した悪徳業者が、
過去に多くの被害者を出したことも事実です。


では、その会社が、正当なMLMに属するものなのか
それとも悪徳マルチに属しているものなのか
もしくは、その中間のグレーゾーンにいるものか 

を見極めるには、その会社の商品、サービス内容や
ビジネスプランについてよく調べないと判断できません。

例えば、普通の消費者として、
「その会社の商品やサービスを利用したい!」
と思えるような、いい会社いい商品であれば、
それは、正当なMLMだと言えるでしょう。


逆に、誰が見ても価値の無い商品に高額な値段を
付けていたり、入会金集めが目的だったり、
「自分が購入しなくて人に売るだけで稼げるな」
と勧誘したり、などなど
正当な商品の流通がないと判断される場合は、
限りなく悪徳マルチに近いと言えるでしょう。



もしも、あなたがMLM(ネットワークビジネス)
に参加していて、その会社の商品を、

心の底から自信を持って人に勧められるなら、
その会社は正当なMLMでしょう。

MLMってマルチ商法でしょ?」

という問いに対しては、悪徳マルチと正当なMLM
の違いをきちんと説明して誤解を解いてあげてください。