ネットワークビジネスはもう飽和状態なので、

いまから始めても新規会員を獲得することは無理なのでは?

と、このサイトを読みながら思ってらしゃいませんか?


現在、世界中のエリートたちがネットワークビジネスに
参入しています。

日本でも、お医者さんや、弁護士、大学教授・・
社員達に副業を認める会社も増えているようです。

これからの時代、本業だけでなく、他のことにも目を向け
もっと人生を豊か過ごしていくことが認められてきのたの
だと思います。

本業を持っている方が、その余暇にインターネットを利用
して副収入を得ることができるネットワークビジネスが
人気なのも無理ありませんね。


じゃあ、もうほとんどの人がすでにMLMを始めているのか、
というと、そういうことはありえません。
 


よくネズミ講の説明で

『一人の人が2人ずつ誘っていくと23段目で
日本の人口を超える』
 
というねずみ算的に数が増える話がありますが、
日本中の人、いや、世界中の人が全てMLMに参加する
ということは、常識的に考えてもありえませんね。

いくら誘っても絶対に参加しない人もいますし、
入会された方がすぐに辞められることもあります。

そうなると、参加見込み人口は日本の総人口より、
ずっとずっと少なくなるはずです。

 

だったら飽和状態も、もっと早い段階に訪れるのでしょうか?
 

現在 日本にあるネットワークビジネス企業は5000社以上あり、
さらに、毎月40~50社の新規企業が参入しています。
市場規模は6兆円、愛用者を含めて約800万人の方が関わっている
といわれています。

しかし、多くの会社の中で10年後に存続している会社は1000社
のうち1社、0.1%だそうです。
そして、10年前も現在も、このビジネスに関わっている方の

人口がほとんど変化していないという統計がでています。

 

毎月40~50社の新規MLM企業が設立されているのに、
それに関わる人口がほとんど増えていない理由として 

● 800万人の人が複数のMLMに関わっている
  (重複して数えられている)

● 800万人の人が、最初の会社を辞め違う会社に移ることを
  繰り返している

ということが考えられます。

 

このように1つの会社に長くとどまらない人たちは 
このビジネスで成功できるわけありません。

だから日本のMLMは稼げない といわれているのです。

 

あなたは 参加してはやめ参加してはやめ・・・を繰り返しますか?
稼げない典型的な「ネットワークジプシー」を続けますか?

本当のネットワークビジネスには飽和の概念はないと思っています。

なぜなら、ネットワークビジネスはひとつの流通のシステムで、
口コミで商品を伝え愛用していただく、という
商品ありきのビジネスです。

だから、参加者(購入者)が全員ビジネス活動しなくても
商品の流通が続いていれば、自分の下について人が同様に
商品を愛用し続けている、もしくは、ビジネス活動しているので
ことで、あなたにも報酬が支払われます。

あなたがビジネスに取り組む人を募らなくても、
あなたの元から商品を購入していただく愛用者さんを開拓する
ことも、ネットワークビジネスの仕事なのです。

 

あなたも1つか2つ 定期購入をしている商品はありませんか?

たとえば、雑誌、化粧品、サプリメント、食料品、洗剤類・・・
これらの商品をネットワークビジネスの会社から購入することで
報酬が頂けるなら、商品を無料で手に入れることになりますし、
もっと多くの報酬ががあれば、お小遣いにもなります。


このように考えるとこのビジネスの可能性はもっと広くなりませんか? 
人が商品を購入し続ける限り、飽和することはないのです