先日、資料請求頂いた方から、メールをいただきました。

ネットワークビジネスの仕事の内容など資料を読んで、
ご理解いただいたという内容でしたが、最後に一言

どこか胡散臭さが否めないのです。



そうなんですねよ~

だって、私も最初にこの手のビジネスの誘いを受けた時、

「え、それってマルチ?ネズミ講じゃん」

と即、思いましたモン(爆)


「サイドビジネスに興味ない?」

なんて知り合いから声かけられて、特に興味なかったけど、
知り合いだから話ぐらい聞かないと、というか、
喫茶店に座ってお茶している時ですから、逃げようがない^^;;

で、資料を次々出して説明が始まった時には、
どうやって断ろうかって、話しを聞く前から断ることしか
考えていませんでした。


だって、自分の儲けのために知り合いに無理やり商品買わせ
ないといけない、というイメージがありましたから、
そんなこと私にはできません。

知り合いに勧めるなんて、無理、無理!

金儲けのために知人を利用するような行為は絶対にしたく
ありません!



これが、私のネットワークビジネスとの最初の出会い、
印象でした。


その日は興味もないのに、色々と資料を頂いて帰りました。
(押しつけれれたという表現の方が合ってるかも)


その後、しばらくその話がなかったので、安心していたら、
今度は商品(サプリメント)を1月分頂きました。

只で頂いたら悪い

と、資料を見て値段も分かっているから思いますよね。

で、飲んでみて、いいか悪いかほとんど実感ありませんで
したが、もう1度資料をよく読んで悪いものではなさそうだし、
有機栽培の野菜や果物を毎食購入することを思えば手軽で
安いかも、購入するだけならいいか~
ぐらいの気持ちになってきました。


で、一応ネットでその会社を調べているうちに、
今のアップさんのHPと出会ったのです。


実は、「ネットワークビジネス」という言葉も、ネットで検索
しているうちに知りました。
それまでは「マルチ」で検索していましたから。
 

「悪徳マルチ」「ネズミ講」とは別の、
正当で新しい流通システムであること

個人で頑張ればその売上に応じて正当な報酬が頂けること

誰もが平等で誰でも始めることができること

「友達に商品を売りつける」ではなく

「友達にいい商品を教えて友達にも収入がある」


なんだか、私にもできそうな気がしてワクワクしてきました。


「胡散臭い」のは、ネットワークビジネスではなく、
それをやっている人物の方だったんですね。

もしあなたが、このビジネスで「自分だけ儲かればいい」
と思っているのなら、あなたが胡散臭いと思われるでしょう。



WIN-WIN」という言葉をきいたことありますか?

これは聖書のゴールデン・ルールとも言われる

「自分がしてほしいことを他人にもしたあげる」

ことを原則にした考え方です。

アメリカ発祥のビジネスなので、MLMの多くの企業が
その精神を引き継いでいます。


普通のお店では、商品を売ったらその人のお財布から
お金がでていきます。その代償で商品を手に入れます。

しかし、ネットワークビジネスの場合、
商品を売るのではなく、大きな流通網を築くために
ビジネスパートナーを探し、そのビジネスパートナーの
お財布にお金を入れることになります。

自分だけが儲かるのではなく、ビジネスパートナーが
儲からないと、自分も儲からない。

商品も手に入れるけど、お金も手に入れることになります。

これが、ネットワークビジネスの「WIN-WIN」の
システムなのです。