ネットワークビジネスは、人と人とがつながること(ネットワーク)で商品を流通させていく流通システムです。

人間関係が重視されるビジネスですから、どうしても色々な誤解が生じます。
ネットワークビジネスで多いトラブルをあげてみました。


● 商材詐欺

会社の中にはネットワークビジネスとは名ばかりのねずみ講まがいのものがあります。
ネットワークビジネスは「商材ありき」なので、その商材に価値がほとんどないものや有価証券のような紙切れでは製品は流通しません。

このような会社は、ただのマネーゲームに走って、儲かるのはごく一部のものだけです。
本当の意味での被害者がでます。

これを防ぐためにも、会社の実績を調べたり、商材を吟味することが重要です。


● 組織詐欺

会社も商材もいいのに、グループのやり方、アップのやり方に問題がある場合です。
グループの中には、会社規約を無視して、勧誘活動を強要したり、アップのタイトル維持のために過剰な商材購入を強要したりします。

この場合は、一旦所属しているグループやアップと解約して、別の人望のあるグループに移るという方法もあります。

特に製品が気に入って、会社もしっかりしているというのが分かっているのなら、全く知らない会社を探すより成功の確率は高いでしょう。

ただし、会社によっては、すぐに他のグループに移ることができない場合もあります。会社規約をよく読んで疑問に思ったことは会社や他のグループの人に尋ねてみるといいでしょう。


● 思いこみによる被害

商材も会社もグループもしっかりしているのに、なかなか結果が出せないため、何かと理由をつけて被害にあったという人が時々います。

その中には、ビジネスプランやタイトル維持費が高額なことが原因になっている場合もあります。

この場合、入会の時によく説明を聞いて、自分に無理のない範囲で始められるプランの会社を選ぶことで防げるでしょう。


一度被害にあったと思いこんだら被害者意識はなかな消えませんから、グループやアップの言うことも耳に入らず、その会社で続けていくことも難しいでしょう。そうならないように、最初の会社選びが大切です。