ネットワークビジネスをインターネットで転換している
私達の活動は、自分のサイトをできるだけ多くの人に
見ていただき、興味を持たれた方から、
資料請求していだだくことから始まります。


数あるSEO対策の中でも、最も効果が大きく重要な対策
として被リンクを増やすことあります。

一般的に、信頼度の大きいサイトは多くのサイトから
被リンクを受けています。(外部リンク)
そのため、被リンクが多いサイトは検索エンジンから
高い評価を得られると考えられています。

しかし、被リンクが多ければ上位表示されるということで、
自作自演で被リンクを増やす対策が横行した結果、
被リンクの「量」だけでは、サイトの本当の評価を判断する
ことができなくなりました。
Googleでは、不自然な被リンク、自作自演、業者による被リンク
に対してペナルティを課すようになりました。

 
そのため、最近では「量」より「質」を重視する傾向に
なっています。


1 相互リンク

googleのウェブマスター向けガイドラインの中では、
過剰な相互リンクや不正ウェブサイトへのリンク、
ページランクの操作を意図したリンクは禁止されています。

それでも、相互リンクは未だに効果が大きい方法なのも事実です。

 

特に、関連性のあるサイトからの価値のある被リンクは、
一方方向のリンクじゃないとしても効果があります。

ただし、自動相互リンクサービスなどは、googleもマイナスの
影響を与えることを公表しています。

また、 リンク集も作為的なリンク構造になるため推奨は
できませんが、関連サイトからのリンクとしていまだに効果は
あります。
 


2 リンクの購入

googleもガイドラインで完全に禁止されています。

多量のリンクが設置されることで一時的効果はありますが、
ペンギンアップデートでペナルティを受ける危険性が高いでしょう。


3 ツイッター、ファイスブックなどのソーシャルサービス

ツイッターのコメントにはno followがついているため、
プロフィール以外のリンクはほとんど効果は期待できません。

が、ツイッターで広がることでブロガーからの被リンクが
得られる可能性も高くなります。