ネットワークビジネスを始めて1年半、
やっとiPad購入しました。
海外で購入しても、日本語設定で使えるので、助かります。


インターネットを使ってビジネスしているのに、
ほとんど自宅にいるので、モバイルとは縁遠かったのです。
スマートフォンにするか、iPadにするかで悩みましたが、
目が良くないことと、年齢的に細かい字が読めなくなっている
ことを考慮して、iPadを選びました選びました




私の場合、PCを始めたのも遅い方だと思います。
2000年1月に、ドイツで電子情報処理入門講座に通った後
日本で日本語環境のノートブックを購入したのが始まりです。

インターネット検索とメール以外で活用することあるのか、
最初は疑問でしたらが、ホームページ作成講座にも通って
インターネットを使った情報の活用に興味を持ちました。

文章を書くのも好きなので、このビジネスは私に向いている
と思います。


学生時代、学校の授業で、

「こんなこと学んでも、実生活でなんの役に立つの?」

と疑問に思ったことありませんか?

物理や化学が苦手だった私は、いつもそう思っていたので、
授業が全く頭に入りませんでした。

数学も最初はあんまり好きではなかったのですが、
ある日、因数分解を解くのが楽しくなって、好きになりました。

因数分解だって、実生活で役に立つことないと思いますが、
クイズみたいで面白いと、ようは心も持ちようなんですね。

好きで勉強したことが、実生活に使える、職業にできる
としたら、それは願ったり、叶ったり、理想だと思います。


というのは、私の夫は音楽家です。
音楽が好きだから、音楽家になったというと、
素敵だと思いませんか?

でも、実際に職業にしてしまうと音楽を楽しむ余裕が
なくなるようで、コンサートには行きたがりません。
他人の演奏を聞いても、間違いなどが気になって
楽しめないというのです。

全ての音楽家が夫のような考え方をしているのではなく、
音楽が好きで、音楽家になって、もっと音楽を学びたい
と色々な演奏会に行く人もいます。


ちょっと話が脱線しましたが、
人には得意なことがあっても、それを使いこなしている人とは、
別ということもあります。

たとえば、パソコンが詳しくてなんでもできる人と
必要なことだけ使いこなして活用している人、

本を読むのが速い人と、読んだ内容を生かしている人

異性の心理に詳しい人と、モテる人とは別だったり・・・


どちらがよくて、どちらが悪いというわけではありませんが、
ただ、「使いこなしたい」と思って勉強したのに、
学んで詳しくなることに一生懸命になってしまい、
活用するのがおろそかになっていることがあったとしたら、
もったいないですね。


使うか、使わないかは、意識の持ちようです。

もし、あなたがパソコンに興味があるのでしたら、
このビジネスはあなたに向いています。

あるいは、あなたがパソコンについて、もっと学びたい
もっと活用したい、と思われているのでしたら、
このビジネスをきっかけにスキルアップ、キャリアアップも
望めるでしょう。