私はネットワークビジネスはこの会社が初めてです。

だから、日々新しいことの連続で学ぶことが色々あります。
でも、自分一人で学べることには限りがあります。

そんな時に全く違う視点から、ご意見を聞かせていただけると、
いままで自分では気がつかなかったことに気づかされることが
多くあります。


私たちが一生で出会う人って、どのくらいいると思いますか?
実際に出会える人って限られた数だと思います。
ある程度の知り合いでも、ゆっくり話す機会がないとお互いのこと
ほとんど知らずに過ごしていることも多いと思います。


インターネットのお陰で多くの人とコンタクトが取れるようになり、
出会いの場が広がりました。
この出会いを大切にしていきたいと思っています。



数多くのサイトの中から、私のサイトを読んでいただいただけでも、
すごい偶然なのに、資料請求やレポートのダウンロードも
お申し込みたいだけけるのは、その内の何パーセントでしょうか?

だから、頂いた方にお礼のメールを差し上げていますが、
そのメールにお返事いただき、メールのやり取りが始まることもあります。

その中で、とても貴重なご意見もいただいています。

本当にありがとうございます。


そんな中で、メンターとも呼べる方とも出会えました。
とはいっても、、私一人で勝手に思いこんでいるだけですか^^;


その方のメールに

「私はね、"挨拶"って言うものは、タダで相手を幸せに出来る、
最強のツールの一つだと思うんですね!」


「挨拶」って、日本では、目下の者が先に目上の者に挨拶する。
という慣習というか、マナーとしての常識になっていますね。

でも、そんな枠にとらわれることないメンターの考えに、
「目からウロコ」が取れたように感じました。


実は、昨夜日本人主婦の集まりで、
色々なことをお喋りしましたが、その中で、

「元貴族とか呼ばれるような人たちって、挨拶がしっかりしてる。
先に挨拶するし、ソツがない」

あ、そうなんだ!

挨拶に順序なんか関係ない。

挨拶されるのを待っていることって、実は「傲慢」だったのね。

本当に謙虚な人って、自分から挨拶も自然にできるのだと思います。


それに、「挨拶」されて気分悪くする人っていないでしょう。


「挨拶」は相手を幸せにするツール

それもダタですから^^

どんどん使いましょう!


挨拶が苦手な人って、使わないから、苦手なままなんです。

だから、慣れるためにも自分から積極的に挨拶しましょう。


早速、ブログネタに使わせていただきました。
メンター、いつもありがとうございます!