主婦の方でパートなどの収入がある方もいらっしゃる
でしょう。ちょっとしたお小遣い稼ぎにネットワークビジネス
に取り組む方も増えてきました。


内職収入は、
年間所得38万円(年収入103万円)まで申告不要です。

主婦の場合、夫の扶養からも外れません。
夫の年末調整で配偶者控除も受けられます。
子供やお年寄りなども同様で申告不要で税額ゼロ、
扶養控除も受けられます。


よく専業主婦のアルバイトやパート収入は103万円まで
扶養から外れないと言われますが、
これは会社からの給与として貰った場合、
給与による収入 103万円から給与所得控除額の65万円
を引いたもの(所得38万円)が目安になるからです。

給与の場合は103万円を超えても、
会社の方で年末調整を行う ので確定申告の義務はありません。


ネットワークビジネスでも、
所得金額が38万円を超えれば夫(子供やお年寄りの場合は
主とする納税者)の扶養から外れ、確定申告の必要がでてきます。

ネットワークビジネスのような個人事業主は、
経費もほとんどかからないので、

「会社勤めのパートに出た方がお得なのでは?」

と思う方もいらっしゃると思います。



税務当局は、たとえ1円の経費もかからなくても
最低で65万円を内職の経費として計上することを認めています。


つまり、パートに出ることとネットワークビジネスは、
税制面では同じということです。

これは家内労働者等の必要経費の特例として認められています。
(条件があるので確認してください)


収入が内職だけの場合は、
前年の内職収入が103万円以下だと
所得税はかからず、
確定申告の義務も無く、
配偶者控除や扶養控除を受ける事ができる


と言うことです。

ただし、子供の関係で保育園や区役所に所得証明を提出
する必要がある方は、確定申告時に申し出れば確定申告書
の控えに印鑑がもらえます。
それが証明となるので行った方が良いでしょう。


主婦の場合、
年間所得が38万円を超え、76万円未満(内職収入のみで
あれば年収103万円を超え141万円未満)である場合は、
夫の年末調整で配偶者控除の代わりに配偶者特別控除
を受ける事ができます。
(条件があるので確認してください)


配偶者特別控除額は、
配偶者の所得によって異なりますが、最高額は38万円です。

ただし、夫(主とする納税者:扶養してる人)の合計所得金額が
1,000万円(給与収入で約1,231万円)を超える年には
受けることはできません。

しかし主婦や子供、お年寄りがお金を稼ぐ場合、
パートやネットワークビジネスにかかわり無く、
収入が130万円を超えると、
夫の厚生年金や健康保険の種類によっては
自分で国民健康保険や年金に加入する必要もでてきます。


※ 関連記事 サラリーマンの確定申告