ネットワークビジネスはビジネスですから、
当然、収入があります。
副業でも収入があれば、税金も払わないといけませんね。


会社員の場合、前年の副業(内職含む)による所得の
合計(収入から経費を引いた金額)が20万円までは
非課税となり、確定申告の義務はありません。

また、20万を超えた場合は、
雑所得として確定申告をしなければなりません。


ここいう副業による所得とは、全ての収入とは違います。

所得 = (収入) - (必要経費)


ネットワークビジネス確定申告には
報酬から引ける経費があります。

これらは、合計すると結構な額になりますから、
しっかり領収書を集めておいてくださいね。

・パソコン、プリンター、インク代、プロバイダー料
・文房具類、書籍、雑誌、机、椅子、本棚
・セミナー開催費
・交通費、ミーティング接待費
・郵送代


その他にも、使用率に応じて申請可能なもの

・家賃(使用面積)
・住宅借入利子(使用面積)
・建物の減価償却
・車
・光熱費

これらがすべて認められるわけではありませんが、
領収書はきっちり取っておいてくださいね。



中には、会社に内緒で副業をしている方もいらっしゃると思います。

普通に確定申告すると
副収入が会社の給与と合算されて、住民税がはじき出さます。
そうなると、同じくらいの給与の同僚より住民税の額が多くなるので、
経理から副業がバレる可能性があります。


そこで経理からバレないためののポイントです。

申告書の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」
の欄で「普通徴収」を選択してください。

これで本人に直接、徴収票が届くので会社にバレる事はありません。
間違っても特別徴収は選ばないように気をつけてくださいね。