ネットワークビジネス = マルチ商法 = 悪徳商法

 

マルチ商法=悪徳商法とか、マルチ商法=違法とか、すぐ結びつける人もいますが、商法自体は違法ではありません

法律できちんと保護されています。

無店舗販売で、通信販売と同じような扱いになる販売方法「連鎖取引販売」です。

法律では「特定商取引に関する法律」と言う法律が適応されます。

 

しかし、マルチ商法は多くの人にとって、とても独断と偏見に陥りやすい商法です。

過去に色々な事件があったことも事実です。

※参照 悪徳マルチ関連年表

 

デュストリビューターの中には、早く多額のお金を稼ぎたいと思うあまり、説明の際に相手の意見や意思を尊重できなくなってし まったり、恐喝にも似たような行為で無理矢理引き込もうとしたりする人がいるのも事実です。

個人事業主として、商品を販売するマルチ商法には自由な半面、社会的な秩序を見失ってしまいがちになるのです。

 

マルチ商法自体は違法ではありませんが、違法行為をすれば当然法に触れ、「違法」となります。

そのため、「悪徳商法」とか「違法」とか印象を持つ人が多いのです。