2011年亡くなった、スティーブ・ジョブス氏の遺言のようなスピーチ。

これから社会へ飛び立つ若者に大きな希望と勇気を与えてくれます。

彼のような成功者dも色々な失敗を繰り返していますが、そこで諦めなかった
ことがその後の偉大なな業績につなあったんですね。
夢をあきらめなかったことと自分を信じたことがすばらしい!





[ニューヨーク 2011年10月5日 ロイター] 
米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のスティーブ・ジョブズ会長が5日、
56歳で死去。その訃報は全世界を駆け巡り、短文投稿サイト「ツイッター」にも
ジョブズ氏を哀悼するコメントがあふれた。
 
ツイッターのユーザーらは、制限文字数の140字以内でジョブズ氏の功績をたたえ、
突然の悲報を悼んだ。投稿の中には、ジョブズ氏の言葉を引用した追悼コメントも
あった。  ユーザーの1人は「スティーブ・ジョブズと同じ信念を共有できて誇りに
思う。あなたは直感に従い、大きな夢を持ち、自分がすることを愛し、常に前を見て
いた。何もあなたを止めることはできない」と書き込んだ。  

オバマ米大統領はジョブズ氏の訃報に接し、「世界中の多くの人がスティーブの発明
した機器で彼の死を知ったという事実ほど、スティーブの成功を如実に物語るものは
ないのではないか」とコメント。ツイッターでは、この談話を引用するユーザーも
見られた。  ジョブズ氏死去の速報が流れた直後、サンフランシスコやニューヨーク
といった地域では、ツイッター上で何が最も多くツイートされているかを示す「トレ
ンド」で、「RIP Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ氏の冥福を祈る)」がトップに
ランクされた。(ロイターより)


スティーブン・ポール・ジョブズ
(Steven Paul Jobs、1955年2月24日 - 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国の実業家。
スティーブ・ウォズニアック、ロン・ウェイン、マイク・マークラらと共に、商用パ
ーソナルコンピュータで世界初の成功を収めたアップル社の共同設立者の一人。
また、そのカリスマ性の高さから、発言や行動が常に注目を集め続けた。
ギブンネームをスティーブンまたはステファン、ファミリーネームをジョブスとして
表記されることもあるが、アップルジャパン公式サイトでは「スティーブ・ジョブズ」
と表記している。