ネットワークビジネスで成功する人とうまくいかない人の差は紙一重です。

同じ会社、同じグループ、同じアップ、同じフォロー・・

それなのに、うまくいく人といかない人の差がでます。


そんな時に

「この会社の評判が悪いから、商品を誰も買ってくれないんだ」

「アップが忙しすぎて、構ってくれない。フォローが悪いせいだ」

と思っているようでは、いつまで経っても成功はできないでしょう。


たとえば、スポーツ選手の場合、
学生時代に有名になり、プロにスカウトされ、コーチも練習環境もよくなったのに、
学生時代よりうまくできない選手がいます。

スランプと言われうこともありますが、
このスランプから脱出するにはどうしたらいいでしょうか?

ひたすら練習する。

気分転換に遊び回る。


やっていることは、人それぞれですが、
最終的には自分で「気づく」ことでスランプから脱することができるのです。

自分が変わることで、周りの状況も変わる、
それが全てをよい方向に持っていくということです。


ネットワークビジネスでも同様です。

同じサポート内容で同じ作業をしているのに、
どうしてうまくいく人といかない人がでてくるのか、
自分でよく考えて気づいてください。

自分で気がつかない何か小さなミスがあるかもしれません。
同じことをやっていても作業の量が違うかもしれません。

あるいは、成功している人は、実はもっと違うことをやっているのかもしれません。
同じことを習っても、それを自分でもっと効率よくできるように工夫している人もいます。

人にはそれぞれ得手不得手がありますから、
同じことを同じようにやっても、同じ結果が出るとは限りませんから。

そこに気づいて、自分の得意な分野で勝負するのも1つの戦略になると思います。