ネットワークビジネスを続けていく過程で
どうしてもモチベーションが下がる時期があります。
これも皆さんが通る過程の1つです。


私たちはよく「罪」という言葉を使います。

人の物を盗んだり、人に危害を加えたり、人を騙したり・・

と意図的に行うこれらの行為は、「罪」になります。


しかし、
『聖書』では、人間が冒す最大の罪は自分を神にしていまうこと
だとされています。


「自分が一番偉い」
「自分の思い通りに全てをコントロールしたい」

という思いを抱くのは、まさに自分を神にしていまうことになります。


一方で、私たちにかけがえのない命を与えてくれた神の愛、
自分自身の尊厳性に気づかず

「自分は○○ができないからダメな人間だ」
「こんな欠点があるから、ダメなんだ」

と、自己否定することも、また、大きな罪であるということに
気づかないといけないでしょう。


誰でも、疲れたりモチベーションが下がっている時には

「自分はもうダメなのでは・・」

と思うことがあります。

そんな時に、

「自分はこうして尊い命をあたえられているのではないか」

「自分を超える存在が身近にいて、全てを計らってくださっている」

と自分の尊厳性を見直し、未来は天にゆだねて、
大切なこの一瞬、現在を精一杯生きることだけに心を集中することで、
マイナス思考から脱することができるでしょう。


私たちは「生かされている」ことに感謝し、その命を粗末にしてはいけません。

あるがままの自分でいい、生きるエネルギーがある人の周りに人が集まってきます。
その人の輪が、あなたの未来をいい方向に導いてくれるでしょう。

ネットワークビジネスの輪も同様です。