ネットワークビジネスでは、自分を律することが一番困難です。
そのために、私も自己啓発本を読んでいます。
また、成功哲学でも共通することが多いですね。


「7つの習慣」の中で 「変化の扉の原則」と呼ばれるものがあります。 
 

誰も説得によって人を変えることはできない。
すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、
その扉は中からしか開けられない。
説得や感情に訴えることによって
他人の扉を外から開くことはできないのである。

 

これは、自己啓発本の書かれたある「気づく」ことの大切さと同じことです。
 

「変化の扉」を開ける結果は、自分を信じる力の飛躍的な向上である。
自分自身をさらに深く知るようになり、
自分の本質、最も深い価値観、独自の貢献能力に目覚めるようになる。
その価値観に基づいて生活すれば、誠実、自制、内的な方向性が増し、
充実した平安な気持ちに満たされる。


自分を信じることで、他人の目や他人の欠点も気にならなくなってきます。

日本では、ちょっと難しいかもしれませんが、
周りの人や状況に振り回されずに生きていくことで、
心の平静も得られるでしょう。