「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著)の中には、
読む度に思い起こされることもあります。

ネットワークビジネスに限らず、あなたの夢を叶えるために
何をしたらいいのか、この本を読むことでわかってくるでしょう。


この「インサイド・アウト」

「自分自身の内面(インサイド)を変えることから始める
ということであり、自分自身の根本的なパラダイム、
人格、動機などを変えることから始めるとい うことである。
自分自身を改善せずに他の人との関係を改善しようとすることは
意味のないこと。自分がなる・・・という考え方。
外からもた らされた永続的な問題解決や幸福、
あるいは成功といったものはないのだ。」

以上の内容は、自ら「気づく」ことの大切さを教えていると思います。


たとえば、物事がうまくいかなかった時、
あなたは人のせいにしていませんか?

同じようなケースで、いつも相手が同じような反応をする時

「どうして、いつもうまくいかないの?」

と、疑問を外(アウトサイド)へに向けていませんか?


その反対に疑問を内(インサイド)に向けるというのは

「どうしたら、うまくいくようになるのか?」

と、疑問を自分に向けて考えるようにすることです。

そうしたら、自分で解決策を考えることができるようになります。


たった、これだけの違いであなたは変わることができるし、
あなたを取り巻く人間関係も改善されるはずです。

これか、自分の内面を変えることで、外も変わる。
インサイド・アウト」の考え方です。


インサイド・アウトの 考え方では、私的成功が公的成功に先立つ。
つまり、他人に対して約束をし、それを守る前にまず自分自身に対する
約束をし、その約束を守らなければならない ということなのだ。
また、人格よりも個性を優先することは愚かなことであり、
自分自身を改善せずにほかの人との関係を改善しようとすることは
意味がないこ とだと教えている。」


では、どんな風に自分を変えていけばいいのでしょうか?

これも、この本の中に書かれています。

書かれてあることは、やはり「自己啓発本」の内容と同じようなことです。
結局、誰もが認めていることだといえるでしょう。

本を読んで、頭では理解できても、なかなか実行できませんね。

つい、感情がさきに出てしまいます^^;;


今日も、ある人が言っていました。

「人間、生きている限り学びです。」


完璧な人間なんていないから、それを自ら認めて、
常に学ぶ姿勢が大切だと思いました。