私たちの生活では、仕事にしろなんにしろ、
必要な務めを果たして行動しなければ結果はでません。

ネットワークビジネスで簡単に月何十万、何百万も
すぐに稼げるとは、あなたも思っていないでしょう?


たとえば、あなたが何かを習得したいと思います。
語学の学習など、ドイツ語としましょう。

あなたはドイツ語を毎日、一生懸命勉強します。
しかし、これだけ努力していても、まだ話せないし、
聞きとれない・・・

ここで、「私には語学の才能がないんだ・・」と諦めてしまう。


たとえば、スポーツにしても、自転車に乗ることにしても、
最初のうちは努力してもなかなか成果がでません。

ところが、ある日ふと壁を超える瞬間があります。

今までうまくできなかったことが、突然できるようになる、
自転車にも乗れるようになる。


「行動」には「結果」が、必ずついてきます。
逆に言うと、「行動」しなければ、「結果」はありません。



「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著のなかに
「農場の理論」というのがあります。 

以下、本より転載です。

***

農場で場当たり的な詰め込み主義で作業することの
愚かさを考えたことがあるだろうか
春に種蒔きを忘れ、夏は遊び惚けて、秋になってから
収穫を得るために必死になって頑張る。

農場は自然のシステムである。
必要な務めを果たし、作業を行わなければならない。
蒔いたものしか刈り取ることはできない。
そこに近道はない。

人の成長や人間関係においても、
最終的にはこの原則が必ず作用することになる。
つまり、人の成長も人間関係も自然のシステムであり、
農場の法則が支配しているのである。

***


さて、それではどのくらい経てば収穫できるのでしょうか?

一般的には1000時間が最初の関門と言われています。
語学の学習も他のことも、目安は1000時間です。


現代はインスタント食品の時代ですから、
すぐに結果を求めがちです。
けれど、付け焼刃で身につく知識は、すぐに忘れてしまいます。
だからじっくりと時間をかけて、習得する必要があります。

インスタント食品より手間と時間をかけて出来上がったものは、
全然違いますね。


あなたも本物を身につけつために、じっくり腰をすえてみませんか?