ネットワークビジネスで成功してる人は
ポジティブな人が多いですね。


トルストイの「アンナ・カレリーナ」の有名な冒頭

「幸せな家庭はどこも同じように幸せに見えるけど
 百の不幸の家庭には、百の不幸の種がある」


(ドイツ語訳を自分で訳した文章です。)


これを読んだ時に

「不幸な家庭にはそれぞれ違う事情があるから、
 他人に説明しても理解してもらうのは難しい。
  
 だったら、共通の話題である「幸せな家庭」
 の話題を話した方がいいんじゃない?」

と「プラス思考」で解釈しました。


ところが、東ドイツ出身の友人から

「どんなに幸せそうに見える家庭でも、
 不幸の種の1つや2つあるものよ。」


という意味だと教えてくれました。

で、「ロシア人はそんなに甘くない国民だ」
と付け加えられました。


あなたは、どちらの解釈しますか?

自分の人生を幸せにするか、不幸にするかは、
自分の考え方で決まると私は思います。

あなたも夢を実現して幸福になってください。