ネットワークビジネスに限らず、どんなビジネスでも
人と人との繋がり、コミュニケーションが大切です。


人とのコミュニケーションで大切なのは「言葉」。

その「言葉」の使い方次第で相手との信頼関係が決まります。

もちろん、メールやブログに書く文章も、
その人の「言葉」として読む人に影響を与えますから、同様です。


「天国言葉」と「地獄言葉」 や 「ポジティブ」と「ネガティブ」など
いろいろな呼び方がありますが、
相手を不快にさせる言葉を使うより、元気になれる言葉を使う方が
当然、信頼も生まれます。


信頼には、「自分に対する信頼」「相手に対する信頼」
「天(神)に対する信頼」の3つがあります。


「私は大丈夫!」と100%のうち1%でも自分に対する信頼があれば
どんなに不安があっても、先に進んでいけるエネルギーとなります。

また、相手を信頼していたら、無駄な攻撃は受けないでしょう。
例えば、犬は怖がる人に吠えますが、怖がらない人には吠えませんね。

そして、いつもお天道様、もしくは、神様が見ていてくれてる。
と自分が誰からかに守られているという安心感。

 
この3つの「信頼」を持っていたら、出来事に対する解釈も変わってきます。

例えば、デートを断られてちょっと落ち込んだとしても、

「自分には非はない(嫌われてない)けど、きっとたまたま相手の都合が
 悪かっただけ、次にもう1回誘ってみよう!」

(でも、20回誘って断られたら・・・ちょっと考え方変えた方がいいかな?)



そんな時、使う言葉をよく考えてみましょう。


例えば、独り言で

「あ~、またダメだった・・」

「もう、私ってどうしていつもこうなの・・・」

と思わず発してしまう言葉は、自分への信頼を低下させます。

 
相手をなじる言葉は、相手への不信、相手からも不信を生みだします。
 

自分が発する言葉を聞いている人は耳2つですが、発した本人は
体で反響した上に耳でも再度、聞きます。

だから、言葉は発した本人に一番影響を与えるのです。


誰かに信頼してもらおうと思ったら、まずは自分の発する言葉を見直し
て見てください。

できるたけ元気になれる言葉を使っていたら、自分も相手も元気になり、
多くの人から信頼されることでしょう。


多くの信頼は、あなたの夢を実現へ導きます。