私たちは、ネットワークビジネスをインターネットを利用して展開しています。

いわゆる、「ネットビジネス」とも言えるでしょう。
 
一言に「ネットビジネス」といっても色々ありますが・・・
アフィリエイトやネットショッピング、せどり、FX、などもネットを利用するので
「ネットビジネス」と言えるでしょう。
 
その中で、自分のサイトやブログ、SNSを利用してビジネスするとなると、
自分から情報発信することが、仕事の一つ、というか、大切な仕事となります。

いくら商品がよくても、その存在が知られなければ、売れませんね。
そのために、ネットを利用して宣伝が必要です。


ここで、よく勘違いされるのが、
自分のホームページを作って、そこに商品を紹介すれば、勝手に売れる。
ということ。
 
たしかに、ホームページはできました。
内容もすばらしい。
 
でも、誰もそのホームページを見に来てくれなければ、いくらいい記事書いても
商品は売れません。
 
ということで、必要なのが、そのサイトを多くの人が訪問してくれるように
SNSでサイトの紹介したり、SEO対策で多くの人がアクセししてくれるようにすることです。
 
そのためには、SNSでつぶやいたり、SEOのために記事を書いたりすることが大切です。
 
 
と、私たちのビジネスでもご入会前からご説明しているのですが、、、
実際にご入会後にHPを立ち上げても、記事アップがなかなかできない人が多いのも事実です。
 
 
私の場合、このビジネスを始める前から、ブログに日記のようなこと書いていたし、mixiもやってました。
またメールマガジンも発行して、どういう記事を書いたら読者の反応がいいかも、体感しています。
なので、初めてH作成する人よりは、記事アップに慣れているのかもしれません。
 
だから、どうして記事が書けないのか、逆に理解できないこともあります。
 
多分、自分で記事を書くからには、間違ったことを書いてはいけないとか、
間違ったこと書いて読者から批判されたら、どうしよう、、とか
色々と考えるのでは?
 
 
でもね。。
はっきり言って、最初から、あなたの記事読んでくれる人、ほとんどいませんよ。
 
と言ったら、身も蓋もありませんが。。
実際、どれだけの人が、立ち上げたばかりのサイトの記事読んでくれると思いますか?
自分と直アップ、SNSでつぶやいても、同じグループの人たちぐらいですよ。
 
だから、恥ずかしがる必要、全然ないんです。
まずは練習で、記事をいくつかアップしていって、そのうちだんだんアクセスが増えてくる
ようになるまで時間がかかります。
 
最初の頃に書いた記事も、後から読み返して、また書き換えることができるのが、
webメディアと紙メディアの違いでもあります。
 
50記事ぐらい書いたら、だいぶ記事の書き方にも慣れてきます。
それから、100記事、200記事と書き続けていくことで、あなたのサイトの訪問者、ファンも
増えてくるでしょう。
 
それまで、書いて書いて書き続けて欲しいですね。
 
ネットビジネスは、ライターの仕事です。
 
ネットを利用したネットワークビジネスも同様です。