MLMヨーロッパ支社見学ツアー3日目の午後。
トップレベルのタイトル保持者への質問会がありました。
トップタイトル保持者とはいわばネットワークビジネスでの
成功者、私たちの目標です。

現役で活躍中の3組、女性一人、夫婦、女性二人組で
今回のツアーに自分のラインから参加者がいるので、
一緒に招待されているそうです。

参加者全員、首から名札を下げていますが、その下
げているリボンの色でタイトルが一目でわかります。


最初にどうしてネットワークビジネスを始めたのか、
理由を一人づつ説明していただきました。

話を聞いていると、必ず何かきっかけがありますね。
それも会社倒産、失業など経済的に追い込まれてのスタート。

やはり、真剣度が違うからここまで成功できたのでしょう。
正に、『禍を転じて福と為す』ですね^^

 
質問に「どういうサポートの仕方をしていますか?」
というのがあり、

女性一人の返答は、

「サポートをするだけで、ダウンに動いてもらおうと思ったら
まずは自分が動くことです。」

女性2人組の一人の返答は、

「サポートは植物の水やりに似ています。植物によって水が
たくさん必要な種類とそうでないものがありますね。
水があまり必要でない植物に水を与えすぎると枯れてしまいます。
それぞれに合わせた、水やり、サポートが必要です。」
 
 
この二人の話にはまったく私も同感です。

自分が動かないで、人を動かそうなんて、無理ですね。
これは、いつも言われる「アップの背中を見せる」ことと同じです。
常に第一線で活動している姿を見せることで、何も言わなくても
どう活動したらいいのか、見ていて学んでくれます。

植物の水やり、これも誰でも同じようなサポートでは無理があります。
 
一人で作業されて、躓いても自分で色々調べて、調べて、それでも
どうしてもできないときだけにメールをくれるパートナーさんもいれば、

「メールを読んでも内容がよくわかりません」とすぐに質問してくる
バートナーさん。
 
前者が、ほとんど水を与えなくても成長するタイプで、
後者が、水がどんどん必要なタイプ。

どちらのタイプもサポートが必要な時に連絡してくれるので、
サポートのタイミングが分かって、やりやすいタイプです。
 
でも、中には、このどちらなのか分からないタイプもいます。
で、何も連絡がないまま辞めていかれる。。。

幸い、私のグループの方は、辞められる場合もご連絡して
いただく方が多いのが嬉しいです。

メールだけのご縁ですが、一緒にビジネスに取り組んだ期間を
大切にして、たとえビジネスを辞められてもご連絡いただければ
幸いです。

ほんの少しでも、このビジネスで学んだことが、今後のあなたの
人生のお役にたてれば、素敵だと思います。