今年も残すところ3週間を切りました。
普段のんびり歩いているドイツ人も12月になるとなんだか慌ただしい。
クリスマスはドイツ人にとって、年中行事として大きなイベントです。
家族が集まるのはもとより、職場や友人たちとのパーティもあるし
ま、日本でいうところの忘年会みたいなものです。

1年の終わりを締めくくりとしてとらえるのは、どこの国でも同じですね。
カレンダーが違う国もありますけど、それぞれの年末は同じようなもの
でしょう。


さて、今年の私の目標、昨年11月に2つ目のタイトル達成したので、
今年は1つ上のタイトル達成です。
先月、もう少しというところだったので、今月順調にいけば達成できそうです。

もともとネットワークビジネスは10年続けるつもりだったので、
タイトル達成も
それほど焦ってはいませんでした。

が、ある程度自分のグループができてくると、いわゆる、「アップの背中」を
みせないといけない、とアップラインから叱咤激励を受けました。

そうですよね。
私がのんびりしていたら、私のパートナーさんも、のんびりでも大丈夫と思って
しまいますね。

私の直アップから始まったプログラムを実践している他のメンバーさんもほとんど
本業をお持ちなので、副業としてこのビジネスに取り組んでいるとどうしても時間
が充分にとれません。

副業だから空いてる時間に自由にできる。

ということで、休みの日には家族と過ごし、夜は疲れたので寝てしまう。。
この繰り返しに慣れてしまうと、なかなかビジネスモードにいれません。
時には、テレビを見る時間を減らし、睡眠時間を削って作業することも必要です。

直アップのOさんも、「宵越しのメールはもたない」と常に迅速な対応されています。
いまでも同様です。
きっと慣れてしまったら、これが当たり前になってしまうんでしょうね。


パートナーさんの中には、「昼間の仕事がアルバイトに降格しました」という方も
でてきました。副収入が本収入を上回ったということでしょう。
このビジネスを本業として真剣に取り組まれているという証拠です。
私も見習わないと!


どんなビジネスでも、本業として真剣に取り組もうという意識がなければ、
長く続けることも、成功することもできません。


ネットワークビジネスを始めた時に副業でも、いずれこのビジネスで生活できるだけ
の権利収入を手に入れようと思っているのなら、いつまでも片手間でやる副業の
意識は捨てないといけないでしょう。

本業とする意識で、もっと真剣に取り組むことで自分も変わるし、周りも変わります。

あなたのビジネスは本業ですか?