la-vie-top.jpg

危機管理と国民性



日本人は農耕民族だったこともありますが、
種をまけば自然と収穫できるという将来に対する緊張感がない
国民だそうです。

確かに、狩猟民族の欧米人の場合、
いつ餌にありつけるか分からないから、罠を工夫してしかけたり、
いつ取れるかわからない獲物を待つ期間をどう過ごすか考えてたり、
獲物が現れた時の瞬発力がある筋肉の付き方とか違うなぁ~
と感じることがあります。

ま、それを言ったら、南国の国民など、種まかなくても、
1年中作物が実っているから、もっと危機感がないよね~
とも思いますけど(笑)


東海沖地震だって、「近い将来、大地震がある」と言われても、
国民レベルでは何もしていませんね。

危機が目の前に迫っても、まだ何もしない。
むしろ都合の悪い事実からは目をそらしているようにも見えます。

で、いざ自分が被害を被ったら、初めてその危機を実感して、
政府や他人に対して文句を言う。
あるいは、助けを乞う。

いままで、自分が何もしていなかったことに対しては、
自らを責めることはしない。

今回の地震や原発でも、その国民性がはっきり示されました。


この反対、将来の危機に非常に敏感な民族が
ユダヤ人だといわれています。
歴史的に、将来の危機に早めに対応を取ることが
民族の生存につながると学習した結果でしょう。


今の日本の円高がいつまで続くか。。
ヨーロッパの危機から予想されるように、多額の国債を返済できずに
円が暴落する時が必ず来るでしょう。

そうなったら、国庫にお金がなくなり、年金も医療保険も破たんして
支給が止まり、公務員の給与も払えなくなくなる。

貯金、株、不動産にいたるまで、日本の資産は紙くず同然になって
しまうかもしれません。


こんな時代に自分の身を守るにはどうすればいいのでしょうか?


考えられるのは資産を円で持たないこと。

すでに、一部の資産家は、外国へ現金を持ちだしたり、
海外移住まで視野に入れて資産を海外へ移すことを始めているそうです。


ユダヤ人はダイヤモンドを常に身近において、いつでも持ち出せる
ようにしているそうです。

私達もそれに学ばないといけませんね。


て、ダイヤモンド買うお金があれば、とうに海外に移住しているって?

そんな、あなたのためにも、海外でも日本語でできる在宅ビジネス
ご紹介しています。


Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

無料資料進呈中!

資料請求ボタン.png

自己紹介

ネットワークビジネスで海外生活

管理人   : ラヴィ
性  別    : 女性
現住所  : ドイツ

 

 

海外在住で現地の言葉ができなくても、ネットを使った在宅ビジネスなら日本語でネットワークビジネス(MLM)で副収入を得ることができます。インターネットを通じていろいろな国にお住まいの見知らぬ方と出会い、一緒にビジネスするご縁に恵まれ毎日が楽しくなりました。これからの私の夢はパートナーさんに会いに世界中旅することです♪
私のプロフィール

海外在住の方、これから海外移住を計画されてらっしゃる方のために、ネットワークビジネス(MLM)初心者の方でも成功できるとっておきの情報をここに公開しています。

日本とあなたの好きな国を、好きな時にいつでも行き来できるような暮らしを夢見ているあなたとご一緒に活動できたら嬉しいです♪

 

 

★メールが届かない方へ★
 

資料請求、無料レポートDLいただいた方の中で ときどきこちらからのメールが届かない場合があります。yahooメールなど、無料メールサービスをご利用の方に多いようです。

資料請求、無料レポートDLは自動返信システムを利用しておりますので、万が一 届いていない場合(迷惑メールBOXもご確認いただき)再度ご連絡をいただけますよう お願い申し上げます。

★資料は「無料資料請求フォーム」をお送りいただいただけではお届けできません。その後にお届けする自動返信メールのURLをクリックし情報をご記入、送信お願いします。その自動返信メールが届かない場合、ご連絡お願いいたします。最初のお申し込みのメールアドレスに記入不備がある場合も、自動返信メールがお届できません。お手数ですが、ご確認のほど、宜しくお願いいたします。

★ご連絡はメールでお願いいたします。できる限り48時間以内にお返事いたします。

 

資料請求ボタン.png