私は、以前の自分の生活と比較して、

「やっぱりネットワークビジネス始めてよかった~」

と日々感謝しています。


以前の私の生活は、子供もいない、パートはやってますけど
定職じゃないので自由になる時間が充分ありました。

が、時間はあってもお金がないので、旅行など行けないし、ショッピングもできない、
友人と会ってお喋りするには、友人の都合もあるし。。。
結局は、家でゴロゴロか、ボーっとしてるだけ。

夫と2人、居間のテーブルに2台のノートブックを背中あわせに
置いて、お互い違う動画(日本のドラマ)を見て過ごしてました。


それが、このビジネスを始めたことで、時間を有効に使うことを
意識するようになり、生活にメリハリができました。

PCに向かう時間をできるだけ多く作るために、家事も手早く済ませるし、
遊びの時間とビジネスの時間を分けて、毎日充実した時間が過ごせています。

以前は、何も考えずに「食っちゃ寝」の無益な生活してきたんだ~
と恥ずかしくなります。


目標や夢がある生活がこんなに楽しいなんて!

そのために時間を費やすこと、新しいことを学ぶことも楽しくて堪りません。


多分若い頃はそんなこと考えなくても、毎日が希望に満ちて楽しかったのでしょう。

それが、ある程度大人になると、なんていうか
「自分の器」みたいのものを自分で決めてしまって、
それを壊そうとしない、壊す勇気が無くなってくるんだと思います。

「自分の人生ってこんなもんか」

と一種の諦めの境地でしょうか?


人生、もちろん良いことばかりではありません。
私にだって、色々なことがありました。

たとえば、駅のホームで電車を持っていて、
近づいてくる電車の前に飛び込みたい衝動に駆られたこともあります。

また、ある人をその電車の前に突き落としたくなったこともありました^^;;

ストレスで円形脱毛になったこともあるし、
思い出しただけで心臓がバグバグし、身体が震えるほど不安になることも・・


ま、人間生きていれば、そういう「どん底」の時期もあるでしょう。


そんな時、「このままじゃ駄目だ!」と、
何かを突き破る力がまだ私に残っていたのが幸いでした。

誰だって、失敗することあるし、死ぬほど恥ずかしい経験や、
大切なものを失ってしまうこと、
自分の力ではどうしようもないことなどありますね。

そんなことは早く忘れて、何か目標や夢を持って自分で自分
の未来を切り開いていくしかないでしょう?

良きにしろ、悪きにしろ、忘れるというのは、
人間に備わった一種の自己防衛本能だと思います。


「過去を振り返っても仕方ない、
過去は変えられないから、これからのことを考えよう」

って『風と共に去りぬ』のヒロインになりきるしかない(笑)


なにかに集中することで、嫌な過去を忘れることもできます。

だから、私はこのビジネスを始めて本当によかったと思うのです。


あなたもネットワークビジネスで夢や目標を叶えてみませんか?