ライティングの基本で大切なこと
文章書き方テクニック
です。

同じ文章でも、
インターネット上で文章を書くことを
Webライティング」と呼んでます。


普通に文章を書くこととどう違うのでしょうか?
 

Webライティングと、ペーパーライティングとのもっとも大きな違いは

Webユーザーは「読まない」、Webユーザーは「忘れる」


ネット上の文章に触れるユーザーは、
「読まない」、あるいは「忘れる」存在だということです。

インターネットを利用しているユーザーは、
常に膨大な量の情報と向き合っています。
限られた時間の中で自分に必要な情報を得るためには、
とにかく短時間で選択する必要があります。

例えば、「ネットワークビジネス」で検索して、
いくつかサイトがヒットしますね。
その中で、どのサイトをクリックするか、
たとえ、クリックしてサイトを開いても、文章を読むというより、
目で追うぐらいで、内容もすぐ忘れてしまいます。


Webライティングとは、
それでもなお「読んでもらえる確率」を高める工夫を盛り込んだ
ライティング技術です。

パソコンのモニターでテキストを読む場合、
どういう配慮や工夫があれば、より読みやすく、よりわかりやすくなるのか、
これまでさまざまなサイトで試行錯誤され、研究されてきたことをお伝えします。


Webライティングの7つの基本

1 文章の構成を「結・起承転結」とする

一般的に文章には「起承転結」があります。
Webライティングでは、
これを「結・起承転結」とする方が有効です。

なぜなら、ユーザーは「読まない」ものだから、
物販であれば、その商品がもたらす最大のメリットを
冒頭で知ってもらう必要があります。

コンセプトや開発過程、原材料など、
その商品について説明するテキストは、
その後で読んでもらえばよいのです。

最後にもう一度締めの文章として「結」を持ってくることで、
理解しやすい流れを作ることができます。
 

2 一文はできるだけ短く

なるべく長文を避けることが有効です。

長文になると、文章の文法構成が複雑になるため、
ユーザーからは「わかりにくい」と感じられがちです。
理解するのに少しでも労力を要すると、
別ページへとユーザーは移動してしまいます。
一文の長さは40~60文字程度に抑えるのがよいとされています。


3 アバブ・ザ・フォールドを意識する

「アバブ・ザ・フォールド」というのは、
サイトを開けたとき、スクロールなしで見える範囲のことを言います。

先にあげた「結」や、決定的なビジュアルをこの範囲内に盛り込むことで、
スクロールしてもらえるか(続きを読んでもらえるか)が決まります。
重要情報はすべて、この範囲内に書き込むことが非常に大切です。


4 「見出し」を有効に使う

モニター画面に多くの文字が出ている場合、
人はまずもっとも大きな文字である「見出し」から読み始めます。

一般に「Fの法則」あるいは「Zの法則」として知られていますが、

ユーザーの視線は、

見出しキャッチコピー ⇒ サブコピー ⇒ リード

といった流れではな く、

見出しキャッチコピー ⇒ 別の見出しキャッチコピー
⇒ 別の見出しキャッチコピー あるいは サブコピー


という流れ方をします。

つまり、リードにいかに素晴らしいことを書いてあったとしても、
見出しが魅力的でなければ、すぐに閉じられてしまうのです。

ただしセンセーショナルな見出しコピーは、
信頼性と矛盾する部分があります。
顧客層を見据えていかにバランスをとるか、

精緻なライティング技術が求められます。


5 テキストは極力短くする

テキストは必要最小限の情報で構成すべきです。
無駄な情報はユーザーの時間を浪費してしまうものとして、
嫌われます。

新しいページを開けて、
前ページに書 いてあったのと同じことが書いてあったり、
無関係なことが書いてあったら、
ユーザーは他のページも同様ではないか、
と予測し、関心を失います。


6 ビジュアルを多用する

アイキャッチとなるビジュアルがあれば、
ユーザーがサイトに止まってくれる確率は高まります。

画面一杯に文字が詰まっているサイトを
すぐに閉じた経験は、ありませんか?

魅力的な写真はもちろん、グラフや図表を多用することで、
「目に優しいサイト」を構築す ることができます。

ただし、ページの重さには気をつける必要があります。
写真などで重くなりすぎると、
開くのに時間がかかってしまい、ユーザーが去ってしまう可能性があります。
解像度を落とすなどの工夫が有効です。


7 タイトルコピーはわかりやすく

インターネットサイトには、
ページごとにタイトルが設定されています。

titleタグで囲まれる文字列で、
ブラウザの上枠に表示される他、
検索結果の一覧 などでそのページの名称として使用されます。

ですから、このタイトルに
サイトの内容を具体的示すコピーが入っていないと、
せっかく検索にヒットして も、有効な集客につながりません。

検索サイトに表示される際、1行の文字数は40文字程度です。

タイトルをライティングする際、
この字数に納めれば十分ですが、
30文字程度まで 抑えることができれば、
さらに見やすくなります。