インターネット上には、さまざまなサイトが存在します。
なにかネットビジネスを始めようと検索すると、

簡単にすぐに稼げます!

という釣り文句も目につきますね。

で、こんなうまい話あるわけないでしょ?
と思ったら、サイト運営者がとんな人だか気になりますね。

そんな時に、運営者情報やプロフィールをチェックすると思います。
まともなサイトだったら、ちゃんと運営者情報が記載されているはずです。

特に、ネットワークビジネスの場合は、 特商法(特定商取引法)の表記は必須です。


『連鎖販売取引』〜wikiペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%8E%96%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%8F%96%E5%BC%95


【特商法に基づく表記】の表記内容についても
・事業者名称(法人の場合)又は氏名(個人事業者の場合)
・事業者の住所
・事業者の電話番号
 法人の場合には、事業者の代表者の氏名又は通信販売業務の責任者の氏名
・申込みの有効期限(申込みに有効期限がある場合のみ)
・瑕疵責任についての定め(瑕疵責任についての定めがある場合のみ)
 ※商品の損傷などの場合。
・特別の販売条件(販売数量の制限など、特別の販売条件がある場合のみ)



ウェブサイトとは、訪問者に話しかけるツールです。
これによって、訪問者を見知らぬ他人から友人へと変えるような人間関係を
構築し、サイトの目的である集客や販売数をあげていくことです。

ですから、サイト内で、運営者の経歴などを明記することが大切です。
訪問者は、自分に何かを教えてくれ人、自分にとって有益な人を探しています。


 私はパートナーさんに、できるだけプロフィール内で、

● 自分がどのような人間であるのか
● どうしてネットワークビジネスを始めたのか
● 自分のサポートの特長

などを明記して、他の人ではなく、自分を選んでいただける内容を
盛り込むようアドバイスしています。


これはサイトに信頼性をもたせるだけでなく、
サイト運営者が訪問者のニーズに応えることのできる、
実在の人物であるというリアル感を持っていただくためです。


あなたがネットワークビジネスについて興味をもっていただいたら、
まずは、サイト運営者の情報をよくご覧ください。
次に【特商法に基づく表記】場正しく記載されているかどうか
チェックしてください。


健全なネットワークビジネスのサイトかどうかをご確認の上で、
資料請求されることをお勧めいたします。