ネットワークビジネスに限らないことだと思いますが、
会話などで、

「あ、この人勘がいい!」

と感じる人、時々いますね。


例えば、相手が話したい内容をすぐに理解して、
話が弾むようにうまく相槌をうったり、質問したりする人。
相手が期待しているようなリアクションや答えを出してくれる人。

勘がいいというより、相手のことをよく気遣っているのかも
しれませんね。

こういう人がいると、座が盛り上がって楽しくなります。



私も縁あって、ネットワークビジネスを始めましたが、
私達のコミュニケーションはメールのやりとりが主になります。

口コミの時代だったら、相手の顔を見ながらの会話なので
態度などから言葉以外の情報もあるので、細かいニュアンスなど
伝わってきます。

しかし、メールだけだと、言葉が足りないと、相手に誤解を与える
おそれもありますし、ちょっとした言葉の意味の取り違いで
相手を不快にさせることもあります。

それを避けるためにも、メールを書く時はできるだけ情報は多く、
丁寧に書くことが大切です。
           
(※参考 ビジネス「メール文章」の心得


よくネットワークビジネスはインターネットだけで集客は難しいと
言われますが、私達の活動は、まず自分のサイトを作って、
自分がどういう人間で、どんな考えを持ってビジネスに取り組んで
いるかなどを記事に書いています。

その後、資料請求いただいたら、メールのやり取りを通じて、
ネットワークビジネスについて正しい情報をお伝えするとともに
自分のことも信頼していただけるよう個人的なこともお伝えしています。

これから、一緒にビジネスしようと思う相手のことを、よく知りたい
と思うのは当然ですね。

この時にメールのやり取りが、スムーズにいかないと信頼関係は
築くことができません。


ここで、メールの文面だけで、相手が望んでいることをできるだけ
適確に読み取って返信することが大切です。

最初の頃は、どんな返信していいか分かりませんが、
経験豊富なアップがちゃんと回答例を作ってくれるので、安心です。

何度かその回答例をもらっているうちにできるようになります、
ここで、勘がいい人はメールの返信がすぐにできるようになります。


例えば、ご入会いただたパートナーさんとメールのやりとりをしていて、

「あ、この人、勘がいい!」

と感じたことが、何度もあります。


あるパートナーさん、

最初にいただいたメールが長文で行間もなく、文章もちょっと
分かりにくい感じがしました。、

ところが、私がいつものように、こんな感じの一文を短く、
行間に一行空けてお返事したら、

次に来たメールが、私と同じように、一文が短く、一行空けて
すっきりと読みやすくなっていました。

もちろん、私は一言もメールの書き方について、書いていません。
こういう方は、人から言われなくても、ちゃんとよく周りの状況を見て
合わせることができる方なので、私もやりやすいです^^


また、最初の頃はどうしても文章が他人行儀で固い感じになります。

もちろん、会ったことないメールだけのやり取りの間柄ですから
当然と言えば当然ですが、その時にメールの相手の文章に合わせて、
同じ感覚でメールが書ける人も、勘がいい人だと思います。

コミュニケーションとは、複数の人が、感情、意思、情報などを、
受け取りあうこと、あるいは伝えあうことです。

一方通行で、自分が伝えたいことを発信しているだけでは、ダメです。

相手が投げたボールがどこにくるか、想像して受け取り、
相手が受け取りやすいところにボールを投げ返すような感覚で
言葉のやり取りができるといいと思います。


あなたが投げた言葉、ちゃんと返ってきていますか?
相手が投げた言葉、ちゃんと受け取って返していますか?