インターネットだけでネットワークビジネスができる
ということで、資料請求いただく方のなかには

「人と話すのが苦手」

「誰も私のこと分かってくれない」

と、誰かと話すことに自信がない人もいるともいます。

 

でも、よく考えてみたら、
あなたが相手の話をちゃんと聞いていないのが原因かも。

 

例えば、
誰かに聞かれたら、とりあえず返事(生返事)をしているだけ
話を聞きながら、実は上の空で、何か他の事を考えたり、
自分の言いたいことばかり話したり、
相手の話をよく聞きもしないで、いきなり否定したり


会話は、相手があって成り立つものです。
お互いが相手の話をちゃんと聞いて、
理解していることを示さないと気持ちよくないですね。

だから、まず相手の話を聞いているということを示して
それから、自分の話も聞いてもらいましょう。
 

あなたにも経験あると思いますが、
自分が話したことがいきなり否定されたら、
その人ともう話す気がなくなりますね。

たとえ、相手の話が間違っていても、
最後まで話をきいてから自分の意見を言えば、
相手も気持ち良くあなたの話をきいてくれるでしょう。


喧嘩になったり、相手をイライラさせるのは、
相手の言ったことを、いきなり否定したり、
相手の話をよく聞いていないなど、あなたの方に心当たり
ありませんか?

相手に気持ちよく話してもらうことも大切です。

そのためには、聞き上手になることです。

話してくれる相手の表情をよく見て、
相手が嬉しそうに話していたら、自分も嬉しそうな表情で聞く。
悲しそうな表情で話していたら、悲しそうな表情で聞く。

たったこれだけでも、相手は自分の話を聞いて、
その言葉を受け止めてくれていると気持ちよくなります。

話の合間に合いの手のように、うなづいたり、
感想を述べたり、反応するともっといいでしょう。


あなたが相手の話をちゃんと聞いていると分かったら、
相手もあなたの話をちゃんと聞いてくれます。

お互い、気持ちよいコミュニケーションができると楽しい時が
あっという間に過ぎていきます。

もちろん、これは会話だけではありません。
メールのやりとりでも同じことが言えます。

相手のメールをよく読んで、よく読んでいるということを
相手に伝えてから、自分の伝えたいことをメールします。
一方的に自分の言いたいこと、聞きたいことだけ書いたら
お互い気持ちのいいコミュニケーション、できませんね。

ネットワークビジネスはコミュニケーションが大切です。