「金持ち父さんシリーズ」の作家、ロバート・キヨサキ氏は、
その著書『金持ち父さん貧乏父さん』の中で
セールスの技術を学ぶために
合法的なマルチ商法を行っている会社を薦めています。
 

あらゆるビジネスにおいて、もっとも大事なのは
「セールス」と「マーケティング」、つまり売る能力
ですね。
 

セールスの基本は、
他人と意志を疎通させる能力

人生で成功するのに不可欠なのは
「書く」「話す」「交渉する」といったコミュニケーション能力

だとも言ってもいいでしょう。

 

ネットワークビジネスをオンラインで展開するには、
まさにこのコミュニメーション能力がもっとも必要なのです。

 

まず第一にサイトの文章を読んでいただかないことには始まりません。

次にその内容に共感していただくことが大事です。
せっかくサイトに訪問いただいても、すぐ去ってしまわれたら意味ありません。

そして、最終的に訪問者に無料レポートDLや無料資料の請求という
行動していただくことが大事です。

 

では、具体的にどんなサイトを作ったらいいのでしょうか?

● タイトルのつけ方

● 文章の書き方テクニック

● クリックしてもらうテクニック

が重要だと誰もがアドヴァイスしています。
(詳しくは各記事をご覧下さい。)

 

多くの人が上記に沿って、自分のサイトを作っているはずです。

が、文章を書くテクニックは、簡単に身につくものではない。
自分には「文才」がないから、無理!
と、あなたはご自分のサイトの訪問者が少ない、反応が悪いのは、
ライティングのテクニックのせいにして諦めていませんか?

 

そんなことありません!

 

誰だって、話ができるのと同じように、文章も書けるはず、
自分の頭の中浮かんだことを言葉にすることと同じように
文字にすること、できますよね?

では、なにが問題なのでしょうか?

 

まず、あなたが書いた文章をよく読みなおしてみましょう。

● 漢字が間違っている

● 文章が長すぎる

● 文章が短かすぎる

● 意味がよく通じていない

 

これはライティングのテクニック以前の問題ですね。

1度自分が書いた文章を声に出して読んでみて、
言い回しがおかしくないか、意味がすぐ分かるか
確認してみてください。

一日おいて読み直すと、もっと客観的に文章を読む
ことができると思います。

誰かに読んでもらいたいか具体的に考えながら書いたり、
読む人の気持ちになって文章を書くといいでしょう。

最初からプロのような文章書ける人はいません。

毎日少しづつ文章を書いていくことで、
だんだん分かりやすい文章が書けるようになってきます。