ネットワークビジネスをインターネットで活動する場合、
お店代はりに自分のサイトを作って、
その内容を読んで共感いただいた方から資料請求して
いただくことから始まります。

 

そのためには

◆どうしたらサイトを多くの人に読んでいただけるか?

  → 検索ランキングで自分のサイトを上位表示させる。

◆どうしたらサイトを読んでいただいた方から資料請求がいただけるか?

  → 魅力ある内容、書き手に好感や共感が持たれるような記事を書く。

 

サイトの記事は、一方的な情報発信となります。
その情報を、いかに受け取ってもらえるか、読む方の立場になって
書くことが、一番大切なことです。

「私なら、こういうところが気になる」

「こんなことを詳しく説明してあるといいのに・・」

と感じることを書いていけはいいでしょう。

 

では、具体的に
5つのヒントをご紹介します。


1.どんな人に対して役立つ情報なのかをはっきりと伝える

そのためには具体的に呼びかけることが効果的です。

 

たとえば

「今の生活に満足していない人」

「何か新しいことを始めたいと思っている人」

「夢を叶えたいと思っている人

などなど・・

 

読む人が「えっ!私のこと?」と思ってもらえれば
詳細なところまで興味をもって読んでいただけます。

どんな人がターゲットなのかを、具体的にイメージして伝えるといいでしょう。



2.あなたのこと・あなたのビジネスについて詳しく伝える

ありきたりのビジネス概要では、他のサイトと同じで興味も薄れます。

● あなたがどんな想いで仕事をしているのか。
● あなたが仕事をしていて、どんな時が嬉しいか。
● あなたはどんなことが得意なのか。
● あなたはどんな経歴なのか。

などなど・・

あなたの人柄やビジネスグループの雰囲気などが伝われば
信頼感や親近感が生まてきますから、より反応が得やすくなります。


3.ダウンさん・会員さんに喜ばれ 支持されていることを伝える

● 今までの会員はどんなところを評価しているのか。
● そして それはなぜなのか。

を伝えると ゲストさんは入会後の姿をよりイメージしやすくなります。

そのために会員さんの感想を載せるのも効果的です。


4.どんな問題を解決できるのか・メリットを提供できるのか

商品・ビジネスプランを通じてゲストさんにどんなメリットを提供したり
どんな問題を解決することができるのか。
これを伝えることが「商品提案」「ビジネス提案」になります。


5.次にどんな「行動」をすべきなのか 具体的に指示してあげる

例えば「問い合わせしてください」といっても
ゲストさんは何を問い合わせていいのか分かりません。

● サポートの利用の仕方なのか
● 商品の価格なのか
● この人はどんな問い合わせをするのか
● 問い合わせに対して誰がどのように答えるのか

などなど・・

『こんなことを問い合わせて下さい』
と、具体的に明示しておくと反応率はあがります。