ロバート・キヨサキ著


パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキ氏が、全く違う
タイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。

1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、
13才のとき学校を中退した億万長者である。

彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の
憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もな
かった)。

一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる(「金のため
に働く下層・中産階級」が「自分のために使う金には困らないお金持ち」になったのだ)。

この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。


コンサルタント兼公認会計士のシャロン L. レクターとの共著である本書では、彼とお金と
の関わりあいを支えてきた哲学が披露されている。

筆者の言い分が延々と続くのにはうんざりさせられるが、それでもなお、学校教育では
絶対教えてくれない「経済面でのリテラシー」の必要性を主張する本書は説得力がある。
変わりばえのしない仕事を極めることよりも、収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、
最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための
資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。


内容(「BOOK」データベースより)



ベストセラーのこの本、すでに読まれた方もいらっしゃると思います。

お金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえし、持ち家が資産
だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いを子供にも分かるようにはっきりと教えてく
れます。

この本を読んだから「金持ち父さん」に皆がなれる!という訳ではありませんが、実行でき
る範囲で少しずつでも資産を増やすことができれば・・・

基本的に稼いだお金を使わないで、運用して増やすというのは誰でも分かっていること
ですね。でも、ちょっとお金があるとすぐに使ってしまうのが凡人=貧乏父さん、です。

生活費を切り詰めて資産を増やすなんて、普通のサラリーマンや主婦には絶対に不可能
でしょう。ネットワークビジネスを副業として始めるきっかけになる本だと思います。