la-vie-top.jpg

ドイツのハローウィン



昨夜は、10月31日、ハローウィンでしたね。

ドイツでは元々ハローウィンを祝う習慣はありませんでしたが、年々お店のハローウィン用飾りが大きくなって、子供たちも仮装パーティなどしてお祭り感覚で楽しんでいるようです。

私の友人の家では娘(中1)が友達を呼んでハローウィンパーティするので、ピザの生地だけ用意してと頼まれたと話してました。具の方は娘が自分で載せるけど、赤と緑色のものをグチャグチャに混ぜてゲロみたいにしないといけないそうです。美味しくなさそーと笑ってしまいました。


以前、アメリカ人のハローウィンパーティに呼ばれた時は、仮装のテーマが決められていて、地下室にお化け屋敷を作ったりと本格的でした。私がドイツに来た頃は、アメリカ人が中心になって祝っていましたが、もともとハローウィンはヨーロッパ、ケルト人の行事が起源です。

毎年10月31日の晩に行われる。ケルト人の行う収穫感謝祭が、他民族の間にも行事として浸透していったものとされています。

カトリックでは11月1日を「諸聖人の日」(万聖節)としています。この行事はその前晩にあたることから、諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)、Hallowseveが訛って、Halloweenと後に呼ばれるようになりました。


昨夜はイギリス人の家に招かれたので、ハローウィンのことを聞いてみましたが、イギリスではあまり祝っていないそうです。「あれはアメリカの習慣だ」と言うぐらい、アメリカで浸透して今の形に発展していったようです。


11月1日は、「諸聖人の日」(万聖節)として、旧西ドイツの州では祝日ですが、旧東ドイツの州では10月31日の「宗教改革記念日」が祝日になっています。

あと、カトリックの国では、11月2日が「死者の日」として、祝日になっているそうですが、ドイツでは祝日ではありません。



Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

無料資料進呈中!

資料請求ボタン.png

自己紹介

ネットワークビジネスで海外生活

管理人   : ラヴィ
性  別    : 女性
現住所  : ドイツ

 

 

海外在住で現地の言葉ができなくても、ネットを使った在宅ビジネスなら日本語でネットワークビジネス(MLM)で副収入を得ることができます。インターネットを通じていろいろな国にお住まいの見知らぬ方と出会い、一緒にビジネスするご縁に恵まれ毎日が楽しくなりました。これからの私の夢はパートナーさんに会いに世界中旅することです♪
私のプロフィール

海外在住の方、これから海外移住を計画されてらっしゃる方のために、ネットワークビジネス(MLM)初心者の方でも成功できるとっておきの情報をここに公開しています。

日本とあなたの好きな国を、好きな時にいつでも行き来できるような暮らしを夢見ているあなたとご一緒に活動できたら嬉しいです♪

 

 

★メールが届かない方へ★
 

資料請求、無料レポートDLいただいた方の中で ときどきこちらからのメールが届かない場合があります。yahooメールなど、無料メールサービスをご利用の方に多いようです。

資料請求、無料レポートDLは自動返信システムを利用しておりますので、万が一 届いていない場合(迷惑メールBOXもご確認いただき)再度ご連絡をいただけますよう お願い申し上げます。

★資料は「無料資料請求フォーム」をお送りいただいただけではお届けできません。その後にお届けする自動返信メールのURLをクリックし情報をご記入、送信お願いします。その自動返信メールが届かない場合、ご連絡お願いいたします。最初のお申し込みのメールアドレスに記入不備がある場合も、自動返信メールがお届できません。お手数ですが、ご確認のほど、宜しくお願いいたします。

★ご連絡はメールでお願いいたします。できる限り48時間以内にお返事いたします。

 

資料請求ボタン.png